コンテンツへスキップ

Xero Gravity

パフォーマンス・オールラウンダー。今までとは異なる、次世代の人気モデル

¥124,900~
素材
フィンシステム

<送料>
全国一律1本6,600円
※MOTHER TRUCKER、STEP OFF、FORGET ME NOT 3 STEP UP、EL BARON、BIG BARONは全国一律11,000円
※沖縄、離島、一部地域への発送は要相談
※すべて運送会社の営業所留め
※運送会社の指定は不可
※ショールーム受け取りの場合は送料無料で対応可能ですので、お会計画面にて配送方法をお選びください。

<お届け日数>
ストックボードの場合はご注文後より1週間程度です。
カスタムオーダーの場合は約3〜5ヶ月かかります。

カスタムオーダーの場合、料金が11,000円(税込)追加されます。

サーフボードの長さにより料金が追加される場合があります。

BOARD OVERVIEW

パフォーマンス・オールラウンダー。今までとは異なる、次世代の人気モデル

Xero GravityはMonsta Boxと同じマジックロッカーをセットアップしてあり、Monsta Boxと同じディメンションで乗るのがおすすめ。アップデートされたXeroはBlak Boxよりもロッカーがややフラットになり、よりボリューム感のあるアウトラインが特徴ですが、Xero GravityはそのXeroよりもハイパフォーマンスに寄ったデザインとなっています。間違いなくあなたのオールラウンダーとなるでしょう。Xero Gravityは従来のXeroに似たフォイルを採用。デッキ部分に厚みが隠されていますが、レールは若干薄めにデザインされ、高いマニューバー性能と素早い反応を実現するための微調整が施されています。

JSチームは、あらゆる波に対応するボードを提供するために、最高の乗り味と品質を維持しながら、製品ラインを合理化しました。小波で調子のいいボードが欲しいのなら、Sub Xeroがいいでしょう。よりフラットなコンディションに対応するパフォーマンス重視のボードなら、オリジナルのBlak Boxに近いデザインの新しいXeroでしょう。そして、オールラウンドなパフォーマンスボードが欲しいなら、このXero Gravityです。

このモデルは、私たちが毎日サーフィンしているようなコンディションでQSやCTのサーファーが優勝したときのフィードバックが直接反映されているボードです。そしてXero Gravityは、一般サーファーが平均的な波から最高な波のもとで数え切れないほどのセッションをして、その性能を発揮したことが評価され、オーストラリアの年間最優秀ボードに連続選出されました。もしMonsta Boxでサーフィンをより楽しめるようになったのなら、次はXero Gravityがあなたに無重力の快感を味わわせてくれるでしょう。

チームライダーの参照ボード
Jeremy Flores // 身長: 5’9” (175 cm) // 体重: 70 kg - 154 lbs
5'8” x 18 3/4 ” x 2 1/4” x 25.6L

Conner Coffin // 身長: 5’8” (172 cm) // 体重: 75 kg - 165 lbs
5'9” x 19 ” x 2 5/16” x 27.0L

Mikey Wright // 身長: 6’0 (182 cm) // 体重: 75 kg - 165 lbs
5'9” x 19 ” x 2 5/16” x 27.0L

Julian Wilson // 身長: 6’0” (183 cm) // 体重: 80 kg - 176 lbs
5'10” x 19 1/4” x 2 3/8” x 28.6L

Ryan Callinan // 身長: 6’0” (183 cm) // 体重: 80 kg - 176 lbs
5'10” x 19 1/4” x 2 3/8” x 28.6L

XERO GRAVITY

WAVE TYPE

2〜6ft、コシからオーバーヘッドのサイズまで対応。フェイスが柔らかく、フラットな波から、ホローなセクションのあるハイクオリティな波まで、あらゆるコンディションで性能を発揮します。ロッカーはX-Seriesの中で最も多様性に優れていることが幾度にも渡るテストで証明されています。

XERO GRAVITY

Features

Rocker

ミディアムローのノーズロッカー&テールロッカー。前足の下あたりには広いスイートスポットがあります。

Fin setup

通常はトライのセッティング。カスタムオーダーであれば他のフィン設定も選択可能。

Glassing specs

5’6"〜5’11”のサイズは、デッキ4オンス、ボトム4オンスのグラッシングが標準。5’11”〜6’4”はデッキ4x3オンス、ボトム4オンス。6’6”以上はデッキ4x4オンス、ボトム4オンス(すべてのサイズでHybrid Fibre tail stripsが標準装備)。

Rail type

Xero GravityはMonsta Boxと同様にミディアムフルのレール形状が特徴。丸みを帯びたパフォーマンス重視のレールデザインで、正しいセクションにアプローチすれば精度の高いマニューバーが可能。それでいてフラットなセクションでも楽に走っていけたり、波のコブに引っかからなかったりするための十分なボリュームも備えています。

XERO GRAVITY

CONCAVE

Monsta Boxよりもコンケーブが若干深いのでスイートスポットは広く、全体的に深いコンケーブボードが施されているのでボードの浮き上がりを感じることができます。小さめ、かつパワーに欠ける波のコンディションで真価を発揮。前足付近はシングル、フィンの間のエリアにかけてダブルに変化するボトム形状。チームライダーたちのお気に入りボードに基づき、JSは“リバースコンケーブ”と呼ばれる、前足付近が深く、テールエンドにかけて浅くなるコンケーブを採用しています。このボトム形状にすることによって水の流れが非常にスムーズになり、最高に速いボードが実現しました。