コンテンツへスキップ

Raging Bull HYFI 2.0

速さ、フロー、ハードヒットなサーフィン

¥139,900~
STANDARD DIMENSIONS
FINS

<送料>
全国一律1本6,600円
※MOTHER TRUCKER、STEP OFF、FORGET ME NOT 3 STEP UP、EL BARON、BIG BARONは全国一律11,000円
※沖縄、離島、一部地域への発送は要相談
※すべて運送会社の営業所留め
※運送会社の指定は不可
※ショールーム受け取りの場合は送料無料で対応可能ですので、お会計画面にて配送方法をお選びください。

<お届け日数>
ストックボードの場合はご注文後より1週間程度です。
カスタムオーダーの場合は約3〜5ヶ月かかります。

カスタムオーダーの場合、料金が11,000円(税込)追加されます。

サーフボードの長さにより料金が追加される場合があります。

BOARD OVERVIEW

速さ、フロー、ハードヒットなサーフィン

昨年、オッキーは再びサーフィンにハマっていました。これまで以上に海に入り、JSと共にコンスタントにボード開発を行い、かつてのお気に入りボードに乗り、過去10年でベストなボードの要素を組み合わせ、次の黄金期を模索していました。その黄金期こそ今と言えるでしょう。

Raging Bullは驚くほど自由度が高く、多目的なトラベルボードです。ホームポイントの波の良い日や、波を追いかけて行く中で幸運にも良い波に恵まれたときに、あなたの頼みの綱となることでしょう。オッキーが楽にパフォーマンスサーフィンを楽しむための要素が全部詰まっています。ユーザーフレンドリーなボードにもかかわらず、ヘビーなコンディションやパワフルなサーファーにも対応するポテンシャルを備えています。良い波のために作られた他のモデルに比べると多くの違いがあります。ノーズを広くして、ワイデストポイントと厚みを前方に押し出し、よりフラットなノーズロッカーと組み合わせることでパドリングとテイクオフが早くなり、サーフィンをしている間もそのスピードを維持することができるようになっています。

テールが絞ってあるので、よりクリティカルなコンディションでターンやバレルをコントロールすることが可能。一方、テールロッカーのカーブは、リッピング時のリリースとコントロール性能の高さを感じさせてくれます。前足のエリアから始まる緩やかなシングルコンケーブは、フィンの前あたりでダブルコンケーブに移行し、リフトアップとより直感的なレールトゥレールのトランジションを可能にしています。そしてオッキーのお気に入りなのが、彼が言うところの「Raging Bullの厚み」。これはJSがこのボードに対して戦略的にボリュームを配分していることと密接に関係しており、同様にストックボードのディメンションも厚めに設定されています。これこそパドリングパワーとフラットセクションでの推進力、そしてオッキーの言葉を借りれば「レールにいつまでも乗っていられる」ことの秘密なのです。
Raging Bullはホームポイントでの毎日のサーフィンだろうがハードコアサーフトリップだろうが、最高に調子の良いサーフィンをいとも簡単に実現してくれるサーフボードです。もしあなたが一本しかボードを海に持っていけないとしたら、このボード一択でしょう。ベルズでのオッキーがそうであったように、 今まで以上に自分のサーフィンを輝かせてくれるボード。それがRaging Bullなのです。

チームライダーの参照ボード
MARK OCCHILUPO // 身長: 5’9 (175 cm) // 体重: 95 kg - 210 lbs
6’2” x 19 7/8” x 2 3/4” x 35.6L

JASON STEVENSON // 身長: 5’11 (180 cm) // 体重: 88 kg - 194 lbs
6’0” x 19 5/8” x 2 5/8” x 32.7L

KAI HING // 身長: 5’10 (178 cm) // 体重: 68 kg - 150 lbs
5'8" x 18 3/4" x 2 3/8" x 26.4L

RAGING BULL HYFI 2.0

WAVE TYPE

Raging Bullはユーザーフレンドリーな良い波向けのボードですが、毎日サーフィンする波でもスピードをつけやすく、同時にソリッドな波のコンディション時やパワーのある波でもその力を利用しながらコントロールしやすくなっています。しっかりとしたビーチブレイクの波から、リーフやポイントブレイクのサイズのある波まで対応。2〜8ft以上。

RAGING BULL HYFI 2.0

Features

Rocker

楽にパドリングでき、波のパワーポジションを外れたときでもスピードを維持してくれるフラット気味のノーズロッカー。ややカーブがかかったテールロッカーは、マニューバー性能とリッピング時の程よいリリースをバランス良く実現してくれます。

Fin setup

通常は5フィンのセッティングなので、好みやコンディションによってトライかクアッドを選択可能。

Glassing specs

デッキ4x4オンス、ボトム4オンスが標準(すべてのサイズでHybrid Fibre tail stripsが標準装備)。

Rail type

ミディアムレールが特徴。良い波でない場合でも乗りやすく、限界を超えるようなパフォーマンスを実現してくれます。

RAGING BULL HYFI 2.0

CONCAVE

ノーズ付近からシングルコンケーブが入り始め、フィンの前あたりからダブルに変化するボトム形状。

RAGING BULL HYFI 2.0

OUTLINE COMPARISON

下の図はRaging BullとMonsta Boxのアウトラインの比較。Raging Bullの方がノーズはワイドで、テールは絞られています。